いたばし音楽教室
いたばし音楽教室は東京都・板橋区にある、個人経営の音楽教室です.。
aninavy.gif anipink.gif aninavy.gif 音楽のある生活 aninavy.gif anipink.gif aninavy.gif  
YUKIのきょうしつ日記・随時更新しています
点描画家のバッハ


<img alt=

旧知の友人であるマリンビスト・名倉誠人が、新しいCDをリリースしました。

「演奏家なら誰でも、バッハの作品は必ず登らなければならない山だ」と彼は言います。
けれどマリンバで演奏されるバッハを聴いた事がある方はそう多くはないはず‥‥。

それにしてもマリンバで演奏されるバッハが、こんな透明感を醸し出すものだとは!
まるでクリスタルのお城を見るようです。

レガート奏法を不得手とする打楽器でバッハを演奏する自らを
点描画家・スーラに例えた彼のライナーノートも引込まれるように読んでしまいます。
点描で描かれる独特のスーラの画風と、名倉氏のマリンバによるバッハは絶妙にリンクし、
「哀しさ」という言葉がしっくりと心に沁みて来るようです。

ここ最近の 春の長雨にも似合いそうなお薦めの1枚です。

    ☆Bach Beat マリンバ奏者:点描画家として☆  

   J.S.バッハ (1685-1750)
     トッカータとフーガニ短調BWV565
   
   C.P.E.バッハ (1714-1788)
     スペインのフォリアによる12の変奏曲

   J.S.バッハ
     無伴奏フルート・パルティータイ短調BWV1013
     無伴奏チェロ組曲第六番ニ長調BWV1012
     無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第一番ト短調BWV1001

お求めはタワーレコードのサイトで。
また、こちらのサイトで試聴もできます。


名倉誠人 公式ホームページ
http://www.makotonakura.com/

2008年05月29日 11:47
素敵♪リコーダー

小学校の音楽教育教材にリコーダーを使うことは、
いったいどなたが考えたことなのでしょうか。偉いわ〜!

楽器としてのお値段は格安、持ち運びや保管が簡単、
しかも、本格的に勉強すれば奥はびっくりするほど深いのです。
バッハもビバルディも、リコーダーのための曲を沢山作っています。

小学校3年になればみんなが名前入りの笛を持って音楽の授業。
お教室に通うその年頃の生徒ちゃんも、みんなリコーダーが大好き。(^^)

一昨年の発表会ではリコーダーのアンサンブルなどを取り入れて好評でした。
また、あんな感じのものをやりたいですね。(^^)
最近、「リコーダーを教えて」と言う生徒さんもちらほら。
こちらとしても昔フルートをたしなんだ覚えもあり、呼吸法やタンギングなど、
知っていることを教えたりしていますが、そのあたりはあくまでも自己流‥(汗)
なのですよね。

しかして、そんな形でリコーダーに触れる機会があると、改めてこの楽器の
奥の深さを感じ、この楽器でアンサンブルサークルなどできないかしら?などと
思ったりしています。

とりあえずはリコーダーの先生にレッスンに行こう。(^^)
そう思う初夏の日でした。

リコーダーの素晴らしい演奏の映像は沢山ありますが、こちらなどいかが?
皆さんがよく知っているこの曲、本当はソロはヴァイオリンなのですが。
来月、目白でこの方のコンサートがあるそうです。おすすめしておきます。
そう、恒例の、目白バ・ロック音楽祭ですね。
それについてはまた後日!

2008年05月22日 12:07
お嬢様気分

CAKE.jpg ちょっと趣向が変わったオシャレなティールームで、ランチをしてきました。写真はエントランス。要予約のこのお店、実は予約開始直後に一瞬で完売になる大人気店。それを、大人の生徒さんが頑張ってとってくださいました。(^^)ゴブラン織の椅子にヴェネチアングラスのシャンデリア、ピカピカに磨き上げた家具調具‥‥うーん、素敵!
お食事はビーフシチューをいただきましたが、メニューを見れば
さすが女の子向きなお店、デザートのラインナップがおいしそう!
つい、別オーダーで豆乳のアイスクリームをオーダー。ライチを添え、アマレットを
さっとかけたアフォガード風。ヘルシーだけれど、リッチな味わいでした。
本当はお写真で見せたいのですけれど、店内撮影禁止なのです。(>_<)
残念!でも、ご興味ある方は、今度ご一緒しましょう。
こちらの写真はお店のケーキです。これも可愛くて、しかもゴージャス! 
CAKE2.jpg
こちらはお家へ持ち帰ってゆっくりと紅茶を入れながらいただきました。
なんとも優雅で楽しい昼下がりでした。Hさん、ありがとう(^^)(はぁと)

2008年05月19日 23:50
島唄

『島唄』の歌詞が、こんな意味だったとは‥‥。
不肖の音楽家、恥ずかしながら最近初めて知りました。

http://www.youtube.com/watch?v=PRv--a6dTvs

『スカボローフェア』の日本版とでもいうのでしょうか。
淡々と美しく歌われる旋律が、実はこんな悲しい出来事を歌った
反戦歌だったなんて。

沖縄の音階は、ド,レ,ミ,ソ,シ,ド。4番目と6番目の音を抜いた独特な音階です。
温暖な気候を思わせる反面、どこか物悲しさを感じさせます。
その沖縄音階で、ロックやポップス主流の現代日本に育った若者が
こんな美しい歌を作っているなんて。

すばらしいですね〜

美しい文明と自然、悲しい歴史、穏やかな気候、一度は行ってみたい沖縄です。
マリンスポーツにはあんまり縁がないけれど、その分、たっぷりと
沖縄音楽に身を浸したいものだな、と思いを馳せてみたりします。
特にこんな心に響く音楽を聴いた日には。

2008年05月11日 18:25





 最近の10件
点描画家のバッハ
素敵♪リコーダー
お嬢様気分
島唄
ラ・フォル・ジュルネ
地味だけど。
おNew♪なソファ
ピアノのメンテナンス
 バックナンバー
 ・ 2017年06月
 ・ 2017年03月
 ・ 2015年06月
 ・ 2015年03月
 ・ 2014年12月
 ・ 2014年11月
 ・ 2014年10月
 ・ 2014年09月
 ・ 2014年03月
 ・ 2013年04月
 ・ 2013年03月
 ・ 2013年02月
 ・ 2012年12月
 ・ 2012年10月
 ・ 2012年08月
 ・ 2012年05月
 ・ 2012年04月
 ・ 2012年03月
 ・ 2012年02月
 ・ 2012年01月
 ・ 2011年12月
 ・ 2011年10月
 ・ 2011年09月
 ・ 2011年08月
 ・ 2011年07月
 ・ 2011年06月
 ・ 2011年05月
 ・ 2011年04月
 ・ 2011年03月
 ・ 2011年02月
 ・ 2011年01月
 ・ 2010年12月
 ・ 2010年11月
 ・ 2010年10月
 ・ 2010年09月
 ・ 2010年08月
 ・ 2010年07月
 ・ 2010年06月
 ・ 2010年05月
 ・ 2010年04月
 ・ 2010年03月
 ・ 2010年02月
 ・ 2010年01月
 ・ 2009年12月
 ・ 2009年11月
 ・ 2009年10月
 ・ 2009年09月
 ・ 2009年08月
 ・ 2009年07月
 ・ 2009年06月
 ・ 2009年05月
 ・ 2009年04月
 ・ 2009年03月
 ・ 2009年02月
 ・ 2009年01月
 ・ 2008年12月
 ・ 2008年11月
 ・ 2008年10月
 ・ 2008年09月
 ・ 2008年08月
 ・ 2008年07月
 ・ 2008年06月
 ・ 2008年05月
 ・ 2008年04月
 ・ 2008年03月
 ・ 2008年02月
 ・ 2008年01月
 ・ 2007年12月
 ・ 2007年11月
 ・ 2007年10月
 ・ 2007年09月
 ・ 2007年08月
 ・ 2007年06月
 ・ 2007年05月



Powered by
Movable Type 3.35


Base template by WEB MAGIC.   Copyright(c)2007 いたばし音楽教室All rights reserved. (h)