いたばし音楽教室
いたばし音楽教室は東京都・板橋区にある、個人経営の音楽教室です.。
aninavy.gif anipink.gif aninavy.gif 音楽のある生活 aninavy.gif anipink.gif aninavy.gif  
YUKIのきょうしつ日記・随時更新しています
σ(^−^)先生の、なんでもない日々。

2月◇日

「小竹向原を盛り上げる会」とでも言うのか、
駅前の喫茶「アカシア」さんでご近所の寄り合い会。(笑)
そこでなんと、20年前に教えていた生徒さんに遭遇!

…ぎえええええええ。(^◇^;;;;;;;

年をとるはずですねぇ、あの小さな女の子が、こんなに
立派なお嬢さんになってるんですから。
しかし、無条件に嬉しかった!会えてよかったです、Sちゃん、
またゆっくり会えるといいね♪

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

2月×日
day12_2_11.JPG

週末だけど、発表会用の連弾曲をアレンジ。
ママと小さな姉妹の、3人連弾です。
こんな変則編成は市販の楽譜にはまずありません。
ならば作ってしまいましょう♪ (^^)b 

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

2月○日
day12_2_12.JPG

週末その2。お船の上のウェディングパーティーピアニスト。
10分後に、ここからご新郎ご新婦が入場してきます。
そしてお開きの前のお二人のスピーチには
やはりもらい泣きしてしまうのでした。。゚(゚´Д`゚)゚。
おめでとうございます。♪末永くお幸せに。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

2月△日
day12_2_13.JPG

教室のベヒシュタイン調律。お髭のダンディなKマイスター♪
深い鳴りが戻って参りました。うーん、ベヒシュタイン♪…うっとり。
入れ違いでやって来た1年生の男の子Yくんは、ピアノの中に興味津々。
そう言えばピアノを始めて半年目になったYくん、最近はやってみる前から
「ダメだ〜」と言わなくなり、「よっしゃー!」が口癖に。
"がんばること"と"自信"が身に付いたみたいね。
よっしゃーよっしゃー!(^^)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

2月☆日
day12_2_16.JPG

平日にお休みをいただいて、大人の生徒さん、Yちゃんとランチ。
同い年というのもあって、プライベートでも仲良くしていただいています。
話題はいろいろですが、今彼女が練習しているリストの話で大盛り上がり。w
楽しかったね!ありがとう。(*^.^*)
発表会での受付、今年もよろしくお願いいたします。m(__)m

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

2月◎日
day12_2_17.JPG

新しいリトミック教材製作。5人のチビちゃんたちは
喜んでくれるかしらん……?

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

2月△日
day12_2_19.JPG

今日は銀髪の美しいマダムのレッスン。ヴォーカルコースです。
「若さの秘訣は感動と好奇心、ならば出て行くっきゃない!」と
毎日アクティブな日々を送っていらっしゃいます。いいなぁ、
σ(^−^)もこのお年の頃には同じように生き生きと暮らしていたい。
基礎からやりたいと始めたコールユーブンゲン、着々と進歩しています♪

あ、写真は関係ないんですど、(^-^;久しぶりに行った小竹向原の
モロッコ料理屋さんで食べたクスクス。おいしかった♪
癒し系のお店のご夫婦にほっこり。


~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

2月◎日

day12_14JPG.JPG

バレンタインのチョコレートをいただきました。
でも、他にあげたのはパパだけなんだって。
「まだまだパパが一番好きみたいです」とお母様。
こりゃぁお父様はお嬢さんにはメロメロですね。(^^)


~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ともだーちよこれが私の〜♪ 
いっしゅーかんのー仕事ですー♪

…これは仕事なのか!?と思ったかたは鋭い。
毎日楽しい出来事があるので、ちょっとくらい
休みがなくても頑張れるのです。

でもまぁ、やはり美味しいご飯は楽しみですね。
(食べ物の写真ばっかりだし)(^-^;

day12_16.JPG

こちらはたまに出かける豊島園。駅から1分、
いつもすいてて(笑)安い映画館が気にいっています。

テュリャ テュリャ テュリャ テュ〜リャ〜リャ〜♪


いたばし(^-^)

2012年02月22日 13:51
音楽理論を楽しく

音楽理論は、得意な人は何よりも面白いものですが、
そうでない人には、本当にわけのわからない、厄介なシロモノです。

かくいう私も、学生時代は音楽理論には大変苦労した覚えがあります。
理解するためには何回もの復習が必要でした。

そこでただいまお教室で活躍しているのは、あるテレビ番組の録画です。
今をさかのぼること、約20年前の民放番組、『音楽の正体』。

1421616_1512263472_21small.jpeg

テレビ番組は、番組構成、脚本、映像、音響、アナウンス、
それぞれの専門技術を集結して作られますので、例えば、言葉一つとってみても、
吟味されて選ばれ、さらにそれをプロのアナウンサーが読んでいるんだから、
解りやすいに決まってますね。(^^)b

曲例はクラシックよりも、ユーミン、ビートルズなど、懐かしのロックやポップスを多用。
曲も短く、和音構成が単純ではっきりしているこれらの曲を例に使うと、
とっても解りやすいのです。

1421616_1512263469_33small.jpeg

上はクイーンの曲を使って転調を説明中♪

22回番組の中から、タイトルとサブタイトルをいくつか書き出してみますね。

Let it be は終わらない ーー導音はなぜ上行しなかったのかーー
ユーミンのおこした革命 ー卒業写真に見る保続音のエクスタシーー
ギルバート・オサリバンの彷徨 ー転調とは何かー
王女のパヴァーヌに官能を聞く ー掛留音とシンコペーションー

ナイスなタイトルですよね~ (*^.^*)♪

アナウンスは近藤サトさん。
彼女が毎回タイトルにあわせたファッションで登場するのも楽しいでっす♪

いたばし音楽教室では、音楽理論を学びたい生徒さんに、、この録画をお貸ししています。
貴重なレッスン時間を割くこともなく、ご自宅で、音楽理論を自習していただくには
これ以上の教材はないと思っています。

↓教室オリジナルのレポート用紙を添えて。
1421616_1512263477_176small.jpeg

つい先日は高校生の男の子生徒ちゃん、渡したときは

「僕、レポート苦手なんですっ!(>_<)」

と、逃げ腰でしたが、次の週にはカンペキに仕上げたレポートを手に、

「面白かったです!!(^o^)」と、キタモンダ♪

……ふっふっふ。( ̄ー+ ̄) そうでしょう、そうでしょう。そうこなくては。
先生もがんばったんだもんね、レポート用紙づくり。えっへん。

さて、今週もはりきっていきましょう〜♪

いたばし(^-^)

2012年02月13日 01:50





 最近の10件
σ(^−^)先生の、なんでもない日々。
音楽理論を楽しく
 バックナンバー
 ・ 2017年06月
 ・ 2017年03月
 ・ 2015年06月
 ・ 2015年03月
 ・ 2014年12月
 ・ 2014年11月
 ・ 2014年10月
 ・ 2014年09月
 ・ 2014年03月
 ・ 2013年04月
 ・ 2013年03月
 ・ 2013年02月
 ・ 2012年12月
 ・ 2012年10月
 ・ 2012年08月
 ・ 2012年05月
 ・ 2012年04月
 ・ 2012年03月
 ・ 2012年02月
 ・ 2012年01月
 ・ 2011年12月
 ・ 2011年10月
 ・ 2011年09月
 ・ 2011年08月
 ・ 2011年07月
 ・ 2011年06月
 ・ 2011年05月
 ・ 2011年04月
 ・ 2011年03月
 ・ 2011年02月
 ・ 2011年01月
 ・ 2010年12月
 ・ 2010年11月
 ・ 2010年10月
 ・ 2010年09月
 ・ 2010年08月
 ・ 2010年07月
 ・ 2010年06月
 ・ 2010年05月
 ・ 2010年04月
 ・ 2010年03月
 ・ 2010年02月
 ・ 2010年01月
 ・ 2009年12月
 ・ 2009年11月
 ・ 2009年10月
 ・ 2009年09月
 ・ 2009年08月
 ・ 2009年07月
 ・ 2009年06月
 ・ 2009年05月
 ・ 2009年04月
 ・ 2009年03月
 ・ 2009年02月
 ・ 2009年01月
 ・ 2008年12月
 ・ 2008年11月
 ・ 2008年10月
 ・ 2008年09月
 ・ 2008年08月
 ・ 2008年07月
 ・ 2008年06月
 ・ 2008年05月
 ・ 2008年04月
 ・ 2008年03月
 ・ 2008年02月
 ・ 2008年01月
 ・ 2007年12月
 ・ 2007年11月
 ・ 2007年10月
 ・ 2007年09月
 ・ 2007年08月
 ・ 2007年06月
 ・ 2007年05月



Powered by
Movable Type 3.35


Base template by WEB MAGIC.   Copyright(c)2007 いたばし音楽教室All rights reserved. (h)